不動産の任意売却をお考えの方は


任意売却と競売との違い

 任意売却競売違いについてご説明いたします。

 裁判所を通じた競売の場合、入札を行う側にとっても、事前にその建物の中を見られないことや、土地建物についての重要な事項についての詳しい説明がないこと、建物に欠陥があった場合でも売主や仲介業者に補償を求めることができないなど、いろいろな不安材料があるため、あまり高い値段での入札が期待できません。


 さらに、競売物件をローンで購入することも難しいため、買い手も自ずと制限されてきます。

 一方、任意売却では、通常の不動産売買の手続と同じような流れですすんでいきますので、買い主としても競売に比べて安心感があります。
そのため、一般的に競売よりも任意売却の方が、売却価格が高くなると言われています
 また、条件によってはローンを組んで購入することも可能ですので、買い手を広く募集することができます。

 担保不動産が高く売却できれば、お金を貸した金融機関も残金の回収がしやすくなりますし、借りた側も、売却代金では返済しきれなかった借金が、より少なくなります。それに加えて、債権者との残債の返済額及び返済方法も明確になってくるという点も、競売との大きな違いです。

 また、競売で担保不動産が落札された場合には、債務者は速やかに物件から退去しなければなりませんが、任意売却の場合、購入するのは誰か、物件の引き渡し日はいつか、自分はいつまでに移転先を探して引越しをすればいいかというスケジュールが分かる上に、移転に必要な代金を求めることもある程度は可能です。

 このように、任意売却は、競売と比べると、債権者・債務者双方にとってもメリットがある手段であるといえます



 
▼借金問題・債務整理の無料面接相談(要予約)・お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせください 債務整理の無料相談・お問い合わせは0120-316-929
 ・電話受付時間:平日9:30~17:30(時間外はメールにて受付可能)
無料相談はこちらをクリック!
 ・原則として依頼者本人が当事務所にお越し頂く必要があります(要予約)。
トップへ戻る