債務整理の悪質業者

整理屋、紹介屋

 世の中は、借金問題に苦しむ多重債務者の弱みに付け込み、彼らを食い物にするような悪質業者が、残念ながら存在します。
 このページでは、いわゆる「整理屋」と「紹介屋」について説明します。

整理屋

 整理屋とは「すぐに借金問題を解決する」「格安で債務整理を請け負う」という謳い文句で、債務者から着手金と称して金銭をだまし取り、債務整理そのものは全く行わないか、極めてずさんな処理をするという手口を使う業者のことをいいます
 整理屋には様々な特徴があります。

1.返済代行をすると偽る
 今まで貸金業者に返済していた総額よりも少ない金額を提示し、返済を代行するという口実で支払いを要求してきます。しかし、実際には、返済に充てるはずのお金を、整理屋がだましとってしまいます
 そのため、支払いを続けていても、借金は全く減らないばかりか、逆に利息が増えていきます

2.偽の受任通知を送付する
 整理屋に頼んでも、取立ては一時的にはストップします。
 本来、受任通知は弁護士や司法書士が出さないと、法的には借金の取り立てを止める効力はありませんが、こうした業者と提携している悪質弁護士や悪質司法書士を利用して、実際の法律家の名前で受任通知を送付します。
 そして、取り立てが中断している間に債務者を騙し、不正な手数料をだまし取っています

3.法律家が出てこない
 弁護士や司法書士と面会したいといっても、彼らは名義を貸しているだけで、その事務所には実際にはいませんので、あらゆる理由をつけて面会を断ってきます


紹介屋

 紹介屋とは、多重債務者がいくつかの貸金業者に融資を断られ、借入先を見つけるのが難しくなっている状況にあるとき、「あらたに融資をしてくれる貸金業者を紹介しますよ」と言って、紹介手数料をだまし取る業者のことを言います
 紹介屋のほとんどは悪質業者です。
紹介屋にもいくつか特徴があります。 

1.法外な手数料を請求される
 「借り入れ状況に関係なく融資する業者を紹介する」という名目で法外な手数料を取ります

2.最初は優しい対応
 紹介屋の最初の対応は、一般に親切丁寧です。
 そのため、疑いながらも自分の借り入れ状況やその他の個人情報を詳細に話してしまう人が多いようです。
 

3.紹介を受けても借り入れできない
 現在の借り入れ状況などを理由に、紹介屋から紹介された貸金業者は、たいていは新規の融資申込みを断ります。
 この場合、紹介屋は、また新たな貸金業者を紹介してきます。
 そして、融資を受けられなかったにも関わらず、紹介料を支払うよう要求されます、さらに、別の業者の紹介を受ける場合には、また紹介料が必要になります。
 

4.結局は、普通の消費者金融を紹介される
 多額の紹介料を支払ったにも関わらず、紹介されたのは結局、普通の大手消費者金融ということもあれば、単に審査が緩い消費者金融だったりします。
 したがって、もし借入ができたとしても、それは紹介屋の紹介によるものではなく、仮に自分で申込みに行った場合でも、同じように借りられたということになります。


 
▼借金問題・債務整理の無料面接相談(要予約)・お問い合わせはこちらから

タップして電話をかける(相談予約) 平日9:30~17:30 休日:土日祝
メールでのご相談はこちら