個人再生をお考えの方に


 借金の整理をしたいが、マイホームは失いたくない
住宅ローンだけなら何とか返済していけるので、それ以外の借金を何とかして欲しい・・・

 いい方法はありませんか?


 職業上の事情から、自己破産だけは何とか避けたいが、かといって任意整理で返済できるような借金の額ではない

 どうすればいいのでしょうか?

 当事務所では、債務整理を受任するなかで、上記のようなご要望にしばしば出会うことがあります。

 このような場合に最適な手続が、「個人民事再生手続(個人再生)」です。この手続では、住宅ローン以外の借金を大幅に減額することが可能です

 また、自己破産申立てとは異なり、宅地建物取引主任者、旅行業務取扱主任者、生命保険外交員、損害保険代理店、警備員などの資格を失わずに済むこともメリットです。

 あるいは、浪費やギャンブルでの借金など、自己破産では「免責不許可事由」に該当しそうな方や、状況的には自己破産申立が可能でも、心情的に「少しは返したい」という方が、あえて個人再生を利用する場合もあります。

 なお、個人再生の申立には用意する書類や必要な資料が多く、「再生計画」の計算方法が複雑であるなど、自己破産よりも手続がより複雑であるため、本人による申立はかなり困難ですので、弁護士や司法書士に依頼することをお勧めいたします。 



 
▼借金問題・債務整理の無料面接相談(要予約)・お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせください 債務整理の無料相談・お問い合わせは0120-316-929
 ・電話受付時間:平日9:30~17:30(時間外はメールにて受付可能)
無料相談はこちらをクリック!
 ・原則として依頼者本人が当事務所にお越し頂く必要があります(要予約)。
トップへ戻る